【しまなみ】旅のしおり

0
    本日から2泊3日で念願のしまなみ海道に行ってきます!


    一昨年、姉と父が行ったものの、姉が体調不良のため1つ目の島、向島で泣く泣く尾道に引き返したと聞き、「自転車で渡らずに、普通に電車で行けばいいのに。」と思っていました、ごめんなさい…_(:3 」∠ )_

    わかるよ、いまならわかるよ姉ちゃんの無念が…!!!

    和田竜さんの「村上海賊の娘」を読んで、村上水軍の史跡を回りたい!という思いもあったので、尚のこと期待が高まります。

    お天気には恵まれそうなので、リベンジに燃える父と、3日間の自転車の旅を楽しんでまいります。



    本日の旅程はこちら。
    ◆7:17品川発 のぞみで岡山、こだまに乗り換え新尾道まで

    ◆新尾道で自転車を組み立て尾道まで移動

    ◆ONOMICHI U2(サイクリスト向けホテルらしい)に荷物を置き、まったり尾道観光

    ◆ホテル泊


    部屋にロードごとぶちこめるという噂のONOMICHI U2、どんなところか今から楽しみです。



    装備品はこんなかんじ↓
    ◆ロードバイク(RIDLEY FENIX SL)
    ◆ヘルメット、サングラス、グローブ
    ◆スニーカー(機動力重視でビンディングはやめました)
    ◆ジャージ&レーパン(上からタイツとロングシャツを着て移動後、自転車乗るとき脱ぐ)
    ◆アームウォーマー、レインウェア
    ◆空気入れ、交換チューブ、パンク修理キット、簡易工具
    ◆チェーン
    ◆iPhone、サイコン、ドリンクボトル
    ◆着替え1セット(ジャージ、レーパン、下着類は基本ホテルで洗ってそのまま翌日着る)

    ◆洗面道具、メイク道具一式、日焼け止め

    ◆貴重品
    ◆輪行バッグ ◆くるぶし



    カバンはいつも通勤でも使っているCHROMEのリュック。父の荷物も一緒にぶちこんでます。
    あきらかにくるぶしが場所とってる_(:3 」∠ )_

    短い期間ですが初自転車旅なので、装備は過不足ありそう…。
    でも、このどれだけ身軽にコンパクトに必要なものだけを持っていくか考えるのは、結構楽しいです。
    普段どれだけ無駄なものに囲まれているのかがわかります。



    さて、尾道まではしばらくあるのでくるぶしとゆっくり朝ごはんをいただきます。

    持つべきものは、漫画読みと自転車乗りの同期。

    0

      (よくでてくる「くるぶし」は、猿のぬいぐるみの名前で、私の理性を守る良心の権化です。)



      会社の飲み会で、社内の別部署の先輩と取引先の方に「自転車はいいぞ」と言われたのが2015年の8月ごろ。

      中学から大学までバレーボールをやっていたので運動自体は大好きなのですが、当時ロードバイクにはそこそこの敷居を感じていました。



      ダイビングとかゴルフとかパラグライダーとか…なんかその方向性、つまるところ「金持ちの休日の趣味」みたいな偏見があったし、なにより自分があのヘルメットやらレーパンを履く姿がまったく想像がつかず…



      だって、あんなレーパンで街中はしるとか、小学生のスパッツじゃあるまいし…



      自分があれを履くなんて、まあ来世までないでしょうということで、その飲み会では「いやいや、私にはもうコスプレという時間的にもお金的にも高カロリーな趣味がすでにありますので…」と、お誘いをご遠慮しておりました。



      しかし、その程度では引き下がってはくれない酒の入ったローディたち…!!!



      「いっちさん、アニメとか漫画は好きなんだよね!?」


      「弱虫ペダルは読んだの!?アニメからでもいいから!!」


      と、自分のテリトリー(アニメ・漫画)に話題がおよび…



      ついには一緒にいた同僚O(♂)が「俺も弱ペダは読んだわ。あれは読んだほうがいい…!」と推してくるもんですから、熱意に押されてじゃあ漫画だけでも読みましょうということになりました。



      偶然にも同期もペダルが好きな子がいて、インハイはじまるまではアニメで見るのもいいと思うというアドバイスを頂戴し、Huluでとりあえずインハイまでをみることに。



      さて、ここで9月11日の私と同期T(♀)のLINEを見てみましょう。

      1 iPhoneImage.png 2

      あまりに軽率にKindleで全巻購入。



      読み終わった感想は3つ。

      1新開さんと東堂さん好き

      2自転車乗りの脚イイ

      3自転車のりたい



      その後、ペダルを読むように勧めてくれた同僚Oに送ったのは、漫画を読んだ感想ではなくただ、この一言。


      「おい、幕張でやるサイクルモード行くぞ。」



      11月、サイクルモードの展示会に行き、生RIDLEY(東堂さんの自転車)とcervero(新開さんの自転車)を見てニタニタしては、どっちにしようかまるで男を品定めするような気持ちで悩む私。



      しかしそこで問題が。



      RIDLEYもcerveroも と ん で も な く 、お高い。



      くるぶし「貯金、なくなっちゃうよ?」



      そうだねそうだね…そうだよね…


      もう30もちかいし、ちゃんと貯金できる女にならないとね…


      ・・・


      ・・・


      ・・・・馬鹿野郎!!!!!!!


        


      愛を勢いに変えて後先考えずに金を使うのがオタクの生きる道だろうが!!!」



      そして、2015年の12月17日、オタクに優しい池袋Y’sロードにて、RIDLEY FENIX SL納車。



      完成車ではなかったので、1からオタクに優しいお兄さんに組み立てていただき、空気入れやら工具やらスタンドやら…

      とあれこれ買っていたら、とりあえず人生で一番高いお買いものになりました。

      札束をはたくようにレジに重ねてお支払したあの光景を私は一生忘れないよ…

      くるぶし「さようなら、貯金…。」

      たくさんの思い出を、この自転車と作りたいな、という思いをこれからこのブログで残していければと思います。

      いろんなことがあって、購入から半年以上が経過してしまいましたが、雑記やらをまじえながらゆるりと続けられるといいなぁ。


      1

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM